ランプの宿・付知峡渡合温泉旅館です

ランプの宿・付知峡渡合温泉旅館 岐阜県の付知峡にひっそりとたたずむ秘湯の一軒宿。
 ここには、電気が来ていません。
電話も雑音がはいったり、通じないときもあります。
 不自由な分だけ本来の自然を満喫してほしいのです。
 おむかえするのは、澄んだ空気と冷たい水とふりそそぐほどの星空です。

ご宿泊について

ご宿泊料金(税・サービス料込)

お子様ご宿泊料金(税・サービス料込)

大人(中学生以上):11,950円
・1部屋お1人で宿泊の場合:追加1,180円
子供(4才〜12才):大人の1割引
(大人料理とほぼ同じ内容のお料理です。)
子供(4才〜12才):6,050円
(お子様料理)
幼児:2,500円
(食事なしで寝具のみ)
乳幼児:1,180円
(食事、寝具ともなし)

備品について

タオル、歯ブラシ、浴衣
※バスタオル、シャンプー、子供用浴衣の
  用意はございません。

標高が高いため、飛騨高山ぐらいの気候を参考に上着を一枚用意されると良いと思います
自家発電のため、夜10時以降はランプのみとなります。
お手持ちの携帯電話は圏外となります。
電池が無くなりやすいので電源をお切りいただくか、機内モードにされるといいです。
携帯電話を充電される方はポータブル受電器をお持ち下さい。
旅館の衛星携帯は通話のみ有料でご利用いただけます。
ドライヤーは終日使用できません。
旅館の衛星携帯は通話のみ有料でご利用いただけます。
【設備のご案内】
・一部が掛けづくりの建物なので階段が多いです。年配の方や足の悪い方など申し込み時にいっていただければ配慮します。
・トイレは簡易水洗式で和式洋式とございます。
取消日 不泊 当日 前日 2日前
取消料 100% 100% 50% 30%

温泉について

 日帰り入浴のみも可能ですが、宿泊されるお客様が多い場合はお断りする場合があります。事前にお電話にてご確認下さい。

渡合温泉の源泉

 左の写真は渡合温泉の源泉です。この源泉は明治初期に発見されました。冷泉をまきで沸かして使用しています。
渡合温泉の源泉です。

浴槽について

浴槽は下から沸かす”五右衛門風呂”です。浴槽、と聞くとヒノキを想像される方が多いと思いますが渡合温泉では香りのよいコウヤマキを使用しています。

泉質・効能

入浴時間

アルカリ炭酸泉 10.5℃(鉱泉)
胃腸病、リューマチなど
冷泉を沸かしているため7時から
20:30までとなります。

お食事について

 季節の食材をふんだんに使用した山菜、お魚料理が中心です。
それぞれの季節によりお料理の内容が異なります。
季節の食材をふんだんに使用した山菜、お魚料理が中心です。

夕食メニュー(一部)

 山菜天プラ・イワナ塩焼・
ごま豆腐・イワナのお刺身など

山菜天プラの材料です

岩魚の骨酒
・2合入 1,600円(税別)
・3合入 1,950円(税別)
夕食メニュー一部

日帰りのお客様へ

 宿泊のお客様が多い場合や温泉を沸かしていない場合などがあるため、前日までにご予約をお願いします。
 (午前11:00〜午後2:00まで)

ご昼食:2,500円〜(税別、入浴料別)
日帰り入浴:大人・小人 500円

渡合温泉へのアクセス

渡合温泉の位置 渡合温泉は岐阜県と長野県との県境である中津川市加子母(旧加子母村)にあります。
 都市部からは中央自動車道の中津川ンターを目指し、中津川市からは付知峡を目指してお越しください。

中津川ICから自動車で約1時間
名古屋から自動車で約2時間20分

自動車でお越しの場合

渡合温泉へのアクセスマップ拡大はこちらをクリック!
 中央自動車道・中津川インター下車。国道19号線から中津川有料道路または、中津川市街経由で国道257号線へ。
付知峡口(信号)右折、林道30分。
※林道が途中から未舗装となります(約6km)。お気をつけてお越し下さい。
 →右の地図をクリックすると拡大表示されます。

公共交通機関でお越しの場合

 JR中央本線 中津川駅で下車。駅からは、北恵那バスに乗り付知方面行き、「倉屋温泉」下車。
 そこから宿までは13.5kmあるので『徒歩なら3時間』『タクシーなら30分』
(参考に…)中津川からのバス(午後のみ記載・2013.10)
倉屋温泉下車後タクシーは待機していないので、中津川より呼ぶことになりますので事前に予約されることをおすすめします。
中津川駅発 倉屋温泉
11:10 12:00
12:10 13:00
13:10 14:00
14:25 15:15 以下省略

山の宿の楽しみ方

標高850mの渡合の森で、どんな遊び方があるのかあげてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

新緑・紅葉

 新緑の見頃は4月下旬〜、紅葉の見頃は10月下旬〜

渡合三滝

 天然林の中に木曽越の滝、親・子滝があります。宿から500mです。

古道三十三観音

 加子母から木曽古道をたどって三十三観音を歩くのもたのしいです。

白巣峠

 白巣峠のむこうに、御岳。自転車ツーリングで長野県まで!

渓流釣り

 天然アマゴ・イワナのすみか付知川。尺ものがいます!

神宮備林合体木

 出ノ小路の二代目大ヒノキ。合体木には圧倒されます。

森林浴ウォーキング

 ゲートから宿まで約8Km。しでのき遊歩道を通ったりして歩くと3時間。

2泊で。

 連泊すると、時間がいっぱい!いろんな事ができます。

高時山

 宿からいける軽登山。往復4〜5時間(1563m)。
宿の駐車場に車を置いて日帰りの方は声をかけて下さいね。

地元のおいしいもの

鶏ちゃん(ケイチャン)

かしもトマト

 最近は東京でも「ケイチャン焼き」の店がチェーン店でできているようですが、地元のケーチャンはいろいろな味があって楽しめます!
 食べ歩きしてみてらどうでしょう??
 トマトの旬は、夏から秋にかけてなんですよ。夏になると産直に沢山売ってます!
 渡合風の食べ方は山水にうかべて冷やして食べる。もちろん丸かじりで。
朴葉寿し(ほうばずし)
 アユかけの解禁の日!お祭り!親せきが集まる日!朴の葉を山へ採りに行くおじいちゃん、井戸で洗うおばあちゃん、台所でみんなで具をのせる・・・

秘湯絶景の宿・付知峡渡合温泉

Since:2006.07.04 

日本語english

お気に入りに登録


〒508-0421
岐阜県中津川市加子母渡合

予約お問い合わせは旅館直通

衛星携帯:090-1092-8588

又はFAX:0573-79-2222
≪ご注意≫
 カーナビ設定をされる時、旅館が国有地内にあり、固定電話もないため
[住所][電話番号]
では設定できません。
 付知峡入口より13,5km、途中から看板に従って30〜40分ほどです。
※FAX番号は設定しないでください。
≪ご予約について≫
 ご宿泊のご予約は現地直通の衛星携帯電話もしくはFAXにてご連絡ください。
衛星携帯:090-1092-8588
※衛星携帯電話は発信音が鳴るまでに通常の電話よりも時間がかかります。
声がズレて聞こえる感じの時もあります。

スタッフが少なく、
電話がとれにくい事が多いので、
昼  12:00〜13:00
夕方 19:00〜21:00
ごろがかかりやすいです。
FAX:0573-79-2222
※FAXでご予約の場合、空き室状況を確認して、こちらからお返事をして予約が完了します。旅館から15kmほど離れているので、当日には旅館に届きません。余裕のある場合の予約の方のみお願いします。

遊歩道が整備されました

 平成19年春、手すりや階段が整備されとっても綺麗になりました。
 渡合三滝(どあいさんたき)は、渡合温泉から往復30分・・・。山の階段が急なので少し大変ですが、その先には原生林の中に親子滝・木曽越の滝があります。

営業について

 当館の通常営業は4月1日〜11月30日までとなります(一般車が宿まで直接来ていただける期間)。  

 12月1日から3月31日までは林業道が閉鎖され、一般車での通行ができないため送迎となりますが、天候や道路状況によって、営業していない時もあります。

 ご宿泊のお客様のチェックインは午後3時より、チェックアウトは午前10時までとなります。
 お食事の時間が17時30分からですので17時までにはお越しくださいますようお願いいたします。

ご予約について

 ご宿泊のご予約は現地直通の衛星携帯電話もしくはFAX、当ホームページ予約フォームにてご連絡ください。
FAX、予約フォームよりご連絡の方は、ご予約の1週間以上前にご連絡ください。

衛星携帯:
090-1092-8588
FAX:
0573-79-2222
予約フォームはこちら →

ランプのお話し

 渡合温泉には『吊すランプ』『置くランプ』『壁かけランプ』があります。
年代を重ねたカサがベコベコしています。
 ずっと以前からあると思われるホヤは厚くて丈夫。芯にも、五分しんと八分しんがあります。
 同じように吊す金具の形も違ったり・・・いろいろな顔してます・ランプだって☆
↓ランプの各名称はこうです↓ランプの各名称
 ランプの扱いはたいへん危険をともないます。取り扱いは宿のものにしっかり聞いて下さい。

渡合写真館


 渡合温泉の写真です。いろいろな所を撮ってみました。⇒写真を見る

渡合温泉周辺の風景
  渡合温泉の周辺の季節の風景です。
秋の風景や珍しい白ザルの写真もあります。⇒写真を見る

渡合温泉周辺の清流
 清流の写真を集めてみました。透きとおった水、冷たい川の流れ、ぜひ渡合に来て体験してみては!!⇒写真を見る

渡合温泉周辺の植物
 春〜夏に渡合温泉の周辺で見ることができる植物です。 ⇒写真を見る

渡合温泉冬の生活編
毎年雪で閉ざされている冬の間、夏の営業にむけていろいろなことをしています。
⇒写真を見る

渡合温泉旅館・おすすめスポット

渡合温泉旅館・おすすめスポットマップ
▲小秀山・二の谷ルート
 加子母のふるさとの山として誇れる山、小秀山(1982m)。
 2005年秋から二の谷ルートの夫婦滝までの散策道が歩けるようになりました。
 新しくできた歩道をゆっくりのんびり歩いてみてはいかがですか?

▲白草山1641m
 ササ野原が広がる頂きは御岳山を眼前にする超一級の展望。4時間20分

▲高時山1563m
 江戸時代から明治にかけて加子母-木曽越峠-渡合-白業峠への道は生活の道でした。木曽越峠には三十三観音の十三観音があります。

▲冨士見台高原
 山頂から恵那山・北アルプス・南アルプスの360度大パノラマ!
 車で途中まで行き20分歩くお手軽です!

小秀山に登ってみよう

 小秀山に登るには2つのルートがあります。あなたならどっちに進みます?

▲加子母ルート
乙女渓谷管理棟から三の谷ルートで往復8時間コース。小秀山まで行かなくても乙女渓谷の遊歩道は歩きやすくてオススメ。

▲長野側ルート
 長野県王滝村との境の白巣峠付近からのコースは往復4時間のお手軽コース。
 360度パノラマ、御岳を間近に見てみませんか。

渡合温泉旅館リンク集

・圏外へようこそ〜渡合温泉〜
 渡合温泉の娘のブログです。ぜひ覗いてみてください!

英語・中国語等の自動翻訳サービス|クロスランゲージ

Home