温泉

ランプの灯りと五右衛門風呂

源泉は明治初期に発見され、山仕事の人や湯治客に利用されていました。
香り豊かな高野槙(コウヤマキ)造りの湯船を五右門風呂式で加温しています。
木曽川の源流、付知川のせせらぎと優しいランプの光でゆっくりと体を癒してください。

高野槙の湯船

浴槽は下から沸かす”五右衛門風呂”です。浴槽、と聞くとヒノキを想像される方が多いと思いますが渡合温泉では香りのよい高野槙(コウヤマキ)を使用しています。

渡合温泉の源泉

渡合温泉の源泉は江戸末期に発見されました。冷泉をまきで沸かして使用しています。写真は(準備中です)。

浴場は2か所

それぞれ2つずつ浴槽があり、定員は4~6名です。

混雑時は時間をずらしてご利用ください。

入浴時間

7:00~20:30

冷泉を沸かしているためご了承ください

泉質・効能

泉質ナトリウム – 塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(低張性 – 弱アルカリ性 - 冷鉱泉)
pHは8.1で、源泉温度10.6度
効能きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症